ゼロハリバートン モバイルケース

今、ちょっと気になってるのがゼロハリのiPhoneケース。
強度にこだわるゼロハリだから、落としがちな携帯もこれで守れるのでは…と。
しかもかっこいい。仕事中でも全然おかしくないデザイン。

どうしてもデザインだったり色だったり、仕事中これ持てないだろ…
って感じのものが多いし、かと言って何も特徴ないのもつまらないし。

公式サイトで見たら在庫切れだった。やっぱり人気なんだな。
でもひとつ気になるのが、iPhoneとかスマホってモデルチェンジが早いから、
規格(サイズ)が変わっちゃうと使えないじゃん…って思うのだけど、どうだろう?
機種変しなければいいだけなんだけど、ものすごい魅力的なモデルが出たら…。
とか色々考えて躊躇してます。

男は大体携帯とかカメラとか最新好きですからね。

再入荷するまで悩んでおこう。誰か使ってる人いたら感想教えてほしいです。

 

 

ちなみに全くの予断なのですが、decibullzというイヤホンを買おうか迷っています。

このサイトで、decibullzのレビューが書いてありとても迷っていますね。

 

 

 

ゼロハリバートン スーツケース

出張もボチボチあるのでここまで来たら…と思い最近スーツケースもゼロハリにした所。
どうせだったら統一されていたいので…。

アタッシュケースがシルバーなのでこちらはZR-GEOシリーズの黒を購入しました。
(http://voyage-select.jp/?pid=59393397)
※ZR-GEOとはブランド75周年を迎え圧倒的な堅牢性・精密性・耐久性などを備えるとともに、
アルミニウムモデル史上最高に美しい形状を可能にしたモデル。

大体1週間位の出張が多いのですがこれで十分ですね。
スーツもハンガーにかけたまま運べるので捗ります。
しわのあるスーツで仕事はしたくないですからね。

大きさの割には小回りが利くので人の多い場所でもスイスイ移動できました。
スーツケースって駅とかで邪魔そうに見られますが、コントロールしやすいので迷惑かかりません。
キャスターのストッパーも電車内でかなり役に立ってます。

無駄な機能がなく、シンプルで使いやすいです。

ほどよい艶感もいいですよね。高級・上質な雰囲気が漂います。

是非出張が多い人はおすすめですよ。もちろん旅行にも使えますしね!
毎日使うものでもないですし、長い期間愛用できるんじゃないでしょうか。

 

ゼロハリバートン バックパック

バックパックタイプもかっこいいですよね。
持てるものなら持ちたいのですが、私には無理ですね。
背負って取引先にはいけないので…

かっこいい自転車で通勤するサラリーマンを最近見るようになりましたが
そういった方はこうゆうバックパックタイプを使用していますね。
内勤だったり、オフィスカジュアル可能な会社だったら私も絶対これにします。
楽そうだし…かっこいいと思います。間違うとマズイ雰囲気はありますが…
外人さんとかがスーツにバックパックしょってるとものすごいオシャレじゃないですか?

しかも値段的にも他と比べるとリーズナブルな印象です。

持てる環境の人がうらやましいです。
でも自分がおしゃれな感じで持てるのかは不明なので、
持てない環境で良かったのかもしれません?!

ゼロハリバートンとは

有名なブランドですから、「名前だけは知ってる」と言う方も多いと思います。
私も使う前は「人気のやつね」位の認識でした。

ゼロハリバートンは1人のビジネスマンから作られたブランドなのです。
鞄の隙間から入り込む砂や埃によって重要な書類や荷物が汚れ、傷むことに不満を感じていた事から
「どんな環境にも対応できるように」中身を完全に保護する密閉性、強度、耐久性に着目し、
ビジネスマンならだれでも欲しがる理想のカバン造りを始めたのです。

エンジニアとして得た知識と経験・航空機設計会社の協力により
強さと美しさ、機能性を兼ね備えたアルミケースが誕生しました。

当事者だからこそ配慮できるスペックがビジネスマン達の心を掴んだのですね。

なかなか内容も、外見も満足いくビジネスグッズって少ないです。
どっちかに偏ってるものが多いように感じます。

流行り廃りのないシンプルなデザイン・フォルムもスーツを選ばないからいいですよね。
使い倒してリピート買いする程、私は重宝していますよ。

ゼロハリバートンと言えばアタッシュケース

ゼロハリに火がついたきっかけは何と言ってもアタッシュケースですよね。
ナイロンやレザーには出せない高級感・洗礼された印象があります。

ナイロンほど出番は少ないですが、重要な書類や契約書などを扱う時に持ちます。
私が持っているのは最高峰と言われるPシリーズ。
こちらは取引先のお偉いさんからいただいたものです。(ありがたい…)
現場に出なくてよくなったからこれはもう使わない。と…
何ともうらやましい限りですね。

「手にすること自体がステータス」とさえ言われるPシリーズ。
(http://voyage-select.jp/?pid=36945701)

やはり持つと背筋がシャキっとしますし、かっこいい。
ゼロハリは持ち手部分がかっこいい。

アルミの重厚な質感は「できそう」なオーラ漂います。
私の持っているのはA3タイプですけど、B4で十分な気もしますね。
たくさんのポケットが助かります。ギラギラしてない艶感も最高です。
きちっとカバンの中身が整理されているのは「できるビジネスマン」の必須事項。
その為には計算された収納環境が重要なのです。

 

ゼロハリバートン ビジネスバッグ

私が使っているビジネスバッグは2つあります。
資料など荷物がが多い時はB4サイズの出張対応タイプを使用。
(http://voyage-select.jp/?pid=59657769)
出張対応とだけあって大容量が入ります。
マチも広がるのが意外と超重要だったりします。(荷物が多い人は)
PC・タブレット端末収納もできて、ショルダーベルトもかなり役立ってくれています。
(基本は手で持ちますが)

ファスナー(入れ口)が2つあるのも何件か得意先を回る時に、持ち物の分別できるのは
効率的。
いざという時にサっと必要なものを出せるのがスマートですよね。

もうひとつはトートバッグ型のタイプ。
(http://voyage-select.jp/?pid=59657368)
今、トートバッグ人気ですね。パっと見がスマートなので気に入りました。

外回りせず会議のみの日などはこっちを持っています。
これもサイズはB4でもちろんタブレット・PCも収納できます。
見た目はスマートですが内勤の方なんかはこれで十分事足りると思います。
マチもありますし、ポケットなどの収納機能もバッチリです。

2つともナイロン製です。
タフだし、ガンガン気兼ねなく使えるので私はレザーよりもナイロンがしっくりきます。

もちろん見た目はレザー、かっこいいんですけどね。
雨の日とか気使うの嫌だし。
仕事用はナイロン最強です。

ゼロハリのナイロンは高性能素材を採用しているので丈夫。
長く共に戦えると思います。

ビジネスマンは道具も重要

営業でガンガン外回りをしていて、痛感するのは「道具の重要さ」。
ここで言う「道具」はビジネスマンが持つバッグやケースだったりするわけですが
仕事の効率化も変わりますよね。
使いにくいバッグではすぐ出したい書類が出なかったり、大切な資料が折れてしまったり。
もちろん整理整頓は自分でしなくてはなりませんが、それを行う「環境」も大事です。

営業を初めて早6年。業界ではまだまだ未熟者ですが
新社会人の人に少しでも役立てたらいいと思います。

ほぼ毎日、手に取るカバン選びは重要です。
もちろんモチベーションを維持・上げる為に見た目も大事ですし、
私のように外回りで持ち歩く人は得意先の人への印象にもつながります。

私がたどりついたのはゼロハリバートンでした。

有名なのはスーツケース・アタッシュケースでしょうか?
ビジネスバッグもいいですよ。
実際使って良かった点などを紹介していきます。